So-net無料ブログ作成

ただで話を聞くにしても「礼儀」は必要。

最近、某建築家募集サイトにて 地元だったので、募集に応じたところ、非常に問題だと感じたので、その応募を下りました。


さて、問題点ですが 以下の通り

①他社との比較で、常に「施工費用がどのくらいでできるか?安くできるか?」を聞いてくること。

②大きな吹き抜け 大変大きな吹き抜け窓をプランに組み込みたい要望がありながら、耐震等級3 及び 省エネはHEAT G2 レベル。

③上記②にあわせ、予算 つまりかけられる費用があれば方法もあるが、非常にローコストを望んでいる事

④他設計事務所にかかせた いわゆる「おためしプラン図」をそのまま転送し、「構造上 どうなのか?耐震3等級とれるのか」を聞いてくること。


上記 実現可能性がないと判断しました。


施主様も建築の事を知らないので、分からないから教えてあげる必要もあるのですが、他社の書いたプランに構造どうこうを意見を求められ、ただ仕事するのも 当方プロとしてどうかというのもありますし、ただで専門家から意見を求める いわゆる「姿勢」も悪いなあと思い、下りた次第。


施主個人で言えば、「なんか欲張りだなあ」という印象でした。

でも、それは理解してもらえれば と思うのですが、ともかくも、施主様には、「他社のプランに構造上のコメントをするのは基本 お仕事としての依頼が必要です」ということで、その場は その一回のみ 構造上の問題点を指摘し、それ以降は そのプランを描いた設計事務所さんかお施主様からの「依頼」が必要と回答しました。


前置きが長かったのですが、そんなやり取りの中、「どういう構造が安いんですか?」との問いに、鉄骨でしょうか 木造でしょうか? と聞かれました。

正直、その施主様が求めている「大きな吹き抜け」「大きな吹き抜けの開口(1・2階連続)」をするには、構造上は鉄骨でないと実現できないが 費用は明らかに 木造じゃないと合わない という回答をしました。

そもそも論ですが、基本鉄骨造の方が木造よりも高いに決まってます。
構造上も重い建物ですので構造躯体の費用は高いですし、鋼材も世界経済で見ても費用は高いし、まして、省エネを考えると 鉄骨造の場合、住宅の場合は木造よりも不利と考えるべきです。
「考えます」というお施主様のメールでのお返事でしたが、「これは駄目だな」という印象のお施主様でした。


もっとも、流石に 専門家から情報を仕入れるのに、一度も名を名乗らず、仮名で通してきたことも下りた理由でもありました。礼儀がないなあと感じたからです。


良い家を作ってあげたいなあと 思いますが、もう少し 礼儀もあるべきと思いますね。

ともかくも 今年の初めのころの話でした。


皆さま、仕事を出すからと言って、礼儀は必要です。


内呂建築設計事務所

千葉県柏市花野井217-14

04-7128-6350


耐震3等級 省エネ に配慮した 良い住宅を作りましょう!


対象エリア 茨城県南 千葉県北西部 東京都東部

※構造設計のみ



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。