So-net無料ブログ作成

ブログ名称を変更して 再スタートです。 [住宅]

ブログ名称を変更して再スタートします。


もともと、構造に特化した設計事務所ではあるので、そのような情報を中心に発信することとしました。


構造に注力した家に住まわれたい方をターゲットに また、省エネ等 補助金や等級制度に絡んだことも発信します。


意匠設計者のような デザインやひらめき、見た目重視 とは異なりますが、中身の濃い情報を出せたらと思います。


宜しくお願いします。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

省エネの義務化は必要ないのか? [住宅]

住宅省エネの義務化が、2020年に行われると聞いていたのに、結局 見送りのようだ。

この件は、いわゆる構造の4号特例と似ていて、見送りの理由は 大きく言えば、設計者 及び 施工者 が「する必要性がない」と思っているから そして、現行で、実現しているのが4割程度となっているからだそうだ。

でも、実態は、設計者 施工者が できないから 面倒くさいから 施工費用が上がるから であり、

逆に、消費者は、住宅選びで建物の性能と省エネは重視すると言っている統計データもある。

要するに、ニーズじゃなく ただの作り手側の一方的な都合なわけだ。


しかし、本当に先送りしてよいのだろうか?
この制度、もともとは CO2削減という 国際的な枠組みからスタートし、日本の家のエネルギー損失が大きいということもあり、制度化への道を進んでいたはず。現在、住宅以外は、省エネ適合判定が始まり、既に運用されている。
住宅の方が 無論 事務所よりも多いので、CO2削減という観点から見れば やってもいいはずだ。

設計者の習熟度 施工者の費用増加 と 手前勝手だが、施主から言わせれば、性能の良いものは 通常のものよりも価格は高い とは思っているので、単純に費用は増額となっても仕方ないともいえるはず。

当方も設計者だが、手間が増えても設計料は増えないと思っているのは 依頼者と交渉できないだけだと思っている。交渉でいない=仕事の中身がよくわかっていない ということでもあり、あまりにも杜撰な内容であると言える。


省エネの義務化は、過去の家は仕方ないにしても、良質でストックとなる家を残すことに繋がり、しいては、中古の建物が ストックになり それが国家の資産となるわけで、今 それをしないと、未来に 今まで通りの家しか残せないことを意味している。


構造においても同様の事が言えるのだが、すべては 建築士と施工者のエゴではどうしようもない・・・

因みに 当事務所では、自社での構造設計を行い、かつ 省エネについても同様だ。

構造設計は他の同業者からも仕事は頂いているので、いわゆる自社で設計と言っても 年間数件しか設計しないであろう意匠設計者が行う構造設計ともわけが違うし、 また、それよりも簡単な省エネ計算は なんてことないといのだ。省エネ設計は計算書とか書類じゃなく 現場の話かなあと思うほど。もっとも 構造の場合は 設計も現場も重要なのだが・・・・

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

家の構造で重要な事(1) [住宅]

だいぶ間がいてしまっているのですが、心機一転。

ここより 新しいシリーズ 「家の構造で重要な事」シリーズを書いていきます。

建築家の仕事って は時々 続けますが、今回は新シリーズで再開します。

以前は ひたすらに注意喚起のような内容でしたが、逆にチェックを促す内容にしょうかと思います。

(建築家の仕事って でもかなり 「こういう建築家に気を付けろ」でしたが)


第一回目の内容は、「4号建築、長期優良住宅、性能評価って何?」です。

どこまで書けるかですが、できる限り単純に 素人の方でも分かるように書くので、あまりに専門性のある事は 割愛します。


4号建築とは

建築基準法第6条おいての分類で 1から4号のうち もっとも低層で、建築物的には簡易ともいえる部類。

例えば、木造2階建てで延べ面積が500m²以下のものは4号建築物(4号建物)となる。

設計上について

構造計算書 および 構造図の提出は求められない。

基本的に それを設計した建築士の責任であり、その責任において 構造設計したことと解釈されている。

決して、「やらなくてよい」ということではなく、あくまで 申請として添付・審査が不要 となっているだけである。

主な提出図書は 申請書 配置図 平面図 立面図 断面図 であり、審査機関や行政の方針で 構造計算の代わりとなっている、筋交・耐力壁の壁量計算書提出/ホールダウン金物の検討 N値計算 を求められる場合がある。


上記が法的なことが主な説明文ですが、この4号、そもそも 「あんまり難しいと大工さん 仕事できない」もかかわってます。確認申請に「構造計算書提出」が入ると、大工の勘やプレカット会社の思惑も一切及ばないこととなるのです。


実は、プレカットは、構造計算しているとかいう会社もあれば、従来通りのスパン表と言われる その梁の橋渡ししている区間によって 梁の性能を規定している 経験や実例に基づいた「表=スパン表」があり それで梁の大きさを決めています。

しかし、この決め方には、構造計算する場合 用いる 考え が 抜けていて、場合によっては、構造計算した場合とで大きく異なる結果となる場合もあるのです。

このプレカットについては プレカット会社が製作し、建築家はかなり これをあてにしてます。

そう、構造材の設計は プレカット会社または工務店 任せ なんです。


また、梁・柱だけでなく、耐力壁もこんなルールが・・・・

先にも書いたように、軸組計算=簡単な壁量計算 と N値計算=簡易な基礎と柱を緊結する金物の耐力を決める計算 があり、本来 構造計算であれば、この部分は 建物の「重さ」から地震せん断力係数というものをかけて、計算します。上記の簡易計算は、屋根→重い屋根 軽い屋根 程度の区別で 耐力壁量を決定しています。この計算は 構造計算に比べ、とても簡易で、かつ、ずいぶん昔に作られたため、構造計算よりも遅れています。現状の軸組計算の 1.25倍くらいみて設計する方が 軸組だけするのであれば その方が良いと思います。


基礎構造については

瑕疵保険による仕様で、配筋が決まってますが、構造計算から比べると、不十分と言える場合もあります。

基礎構造は、あくまで重さ が主です。耐震等級による影響は、ホールダウン金物の引き抜きによる 外周基礎梁の下端主筋(鉄筋)のみでしょう。

いずれにしても、構造計算不要だと、計算するとしないでは、かなり答えが異なります。


ということで、まとめると・・・

4号建築とは

・構造計算をしなくても良いことを認められているのではなく、書類提出が求められていないだけ。

・しかし、一般的には 構造計算は行わず、耐力壁を算定する軸組計算やN値計算といった 簡易計算法で決定している。

・基礎も瑕疵保険規定仕様止まり


です。


あまりいい話ではありませんが、大概の低層住宅の建築物は この4号で、適当に強度をアップしているという感じです。中には 構造計算を自社で行っているところもあり、そういうところは信用できると思います。

昨今「日弁連」が「4号建築物に対する法規制の是正を求める意見書」を出し、特例を止めようと 意見しております。これは、現状の建築士事務所のほとんどが 自社で設計できなくなり、かつ、デザインの自由度が落ちると思われます。この通りにはなりませんが、4号特例は いつかはなくなると思います。



アンケートを行った方もいて こんな結果が!!


つまり、

一般の方 および 構造設計者 = 賛成
建築業界の人間 = 反対

となってます。


業界の悪しき慣習は、是正されるのでしょうか。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

建築家の仕事って① [住宅]

言わずにおれるか って 文句ですが、だれにでも文句は言えますよね。

逆にポジティブにどうするべきかを言えばいいんですが・・・


テーマは 建築家の仕事です。

自分は、構造のお仕事をしているので、他人の設計を目にしますが、

今回 言いたい事 それは、自分も含め 総じていえば、デザインされた家の 軒・庇はない家が多い事は 良くない!!です。


写真をご覧いただきたい。

IMG_20180626_120507.jpg


このお宅は 自分の設計じゃありませんが、このような 屋根の軒が全くない家にありがちな光景です。

雨だれがでてしまい、多分、築10年もないのにこのありさまでしょう。


このような事は 建築家がデザインに走りすぎ、日本の気候風土を忘れてしまったことに相成りません。

自分の場合ですが、軒庇は出すことが多いですが、それでも

年に一度は掃除もいる場合もあります。

特に 色が白だと 掃除しなけければなりません。

13891859_1147147575359960_8145590664147390873_n.jpg


20770421_1622802504461129_1192686396783233561_n.jpg


これは自分の設計した 両親の家ですが、軒庇あっても メンテナンスって 重要なんです。


建築家のありように一言 申したい!!! 

でも 自分は そうならないようにしたい!!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

奇抜なデザインは、リスクと引き換え② [住宅]

久々の更新ですが、最近、当事務所も 様々な設計事務所さんの構造設計をご依頼頂いております。


その設計者様と仕事する中で、たびたび思うことは

「このくらいは知っていないと・・・・」と残念に思うことがあります。

構造ばかりの話では デザインが面白くない 快適な空間が損なわれる というのは 意匠設計者とお施主の思いもあるのですが、最低知っていないといけない事もあるし、何が危険かを考えながら 設計しないといけません。


日本の木造住宅は、柱梁で作られた家です。

それを 軸組工法 と言われてますが、世界的にも この工法はこの日本と周辺の独特な工法です。

中国は屋根は木造でも壁は石とか煉瓦ですし。世界でも石で作るのが家の起源で コンクリートが壁柱で 床と屋根は木造とかが多いです。アメリカはそれを全て 木造でつくるとうことで、2x4工法ができました。

2x4は 合板 ができてからの工法なので 結構 新しい工法です。韓国や中国の家も 2x4が主流のようですね。


柱と梁ですが、耐震は 壁と床 で支えている!
って ご存知ですか? つまり、地震に強い家は 床と壁がしっかりしているんですよ。
ということは、床がなく吹き抜けの家って 危ない ということですし、 窓ででかくて壁がない のも危険となります。危険じゃない程度に 床と壁があれば安心ですが、

「では どんな家が もっとも安全か?」と言われれば、


「俗にいう 真四角で デザインも凝ってなくて 吹き抜けもなく 窓開口も大きくない そして、2階と1階の壁の線が揃っている家」と言います。


熊本地震で 柱の直下率 を話題に上げ、それをいち早く 営業トークに使用している会社も多いですが、自分は、どちらかと言えば、柱の直下率よりも 耐震壁が1・2階で揃っているか とかだと思ってます。

とはいえ、それでも 部屋割りで難しい場合もあるので、絶対とは言えませんがね。


ともかくも、家づくりは難しいですが、構造上の常識を知ってるか 実践しているかは プランしているときから 既に反映されています。


もし、これを読んで 他社さんに相談/営業を受けている 方で 心配になったとなれば、当方にご相談くださいね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

奇抜なデザインは、リスクと引き換え① [住宅]

当事務所、わたくし自身が、低層木造構造設計をしているので、他社様の案件の相談を頂きます。
他社様でも、構造に関して考えている方、はたまた、お施主様の希望をできるだけ反映したいとご無理される方、さまざまいらっしゃいます。


構造にご自身で詰められている方やプレカット図まで依頼している方は、結構、実際の構造設計に反映しやすい状況でもありますが、それでも完ぺきではありません。

このブログでの「奇抜なデザインは、リスクと引き換え」において、よくある話や気をつけるべきことを、お施主様や意匠設計者様に発信したいと思います。

当然ですが、よくある話 というのは、初歩の初歩で、「壁量」=耐震壁 から入ります。

長期優良住宅や性能評価も 登場して10年以上経ちましたね。

壁量は、建築基準法でも「軸組計算」として簡単に計算できるようになってますよね。許容応力度計算したものか、はたまた、品確法の仕様規定なのか 選択もできますが、ここでよくある話の回答を言っておきます。

許容応力度計算での2等級 3等級は、通常の「仕様規定」よりも少し上だと思ってください!

これは、本当によくあります。

少し上というのは、 仕様規定が2等級だとしますよね。でもそれだと、許容応力度計算だと、2等級にならないことも多いです。つまり、仕様規定の「3等級」くらいじゃないと厳しいということです。


仕様規定が すでに許容応力度計算よりも「余裕がある」と思っている方も多いかと思います。

それは、まったくの誤解ですし、違います。

仕様規定が構造計算以上だった時代ははるか昔です。

仕様規定でも、現在の金物で施工した家でも ある程度の地震には耐えられるのは事実ですが、熊本地震とか阪神大震災のような低層木造住宅に多大な被害を及ぼすといわれている「キラーパルス」を出すといわれる、断層型地震においては、3等級は無傷だったと言われています。


ともあれ、初歩の初歩からお知らせします。

是非、この点を考えて、計画することをお勧めします。

では、第二回目に続きます。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

骨作らずして、作品を作ったことに非ず [住宅]

当方、意匠設計者のいわゆる補助的な仕事ともいえる木造の構造設計を仕事の「主」としている。

本意としては、構造で役立てた技術を 自分の意匠設計に還元したいと思っている。


しかし、肝心の意匠設計がご無沙汰で、最近はめっきり構造のお仕事で手一杯でもある。


そんな構造の仕事でふと思うことが というよりも 不満に感じることが。

いきなり例えからであるが、以前、東京芸術大学卒の芸術家の方々と閲する機会があり、彼らと接していると、すべて一からが基本で、なにもかも自分で作るというのが見ていてわかる。

当時、建築をやっている自分から見ると、全部自分でやる じゃないので、大変に見えると同時に、芸術とはそういうものと思っていたが、この「すべてじぶんでやる」という意味が 最近 「どうしてなんだろう」と 自分の業界への疑問に転じてくる。


そもそも論、「骨」である構造は 構造設計者 という別部門に「丸投げ」が現状で、いわゆる、建築基準法と施主の意図を具現化する いわゆる「意匠設計者」は、浅く広く 物事を理解すべきなのに、こと構造については、ノータッチに近い。しかし、全員じゃない。詳しい方もいるが、自分の依頼する方の3/5は、構造にこと疎い。

当然であるが、ぜんぜん知ろうとも思わないので、意匠図でも、おかしなことが多い。

構造計画が見えないのだ。つまり、当方で いろいろいうと、設計やり直しとなり、意匠設計の意図が具現化できなくなる。

以前、とある意匠設計者に「構造はあきらめて4号建築で自由に作ったら?」といったことがある。

4号建築とは、低層2階建て程度の木造だと、構造計算までは免除され、意匠設計者の責任の元、設計してかまわないことになっているのだが、(裏は「構造までやっているよね?当然」という意味で、おろそかにしてはいけないはずなんだが) そのルートでやったほうが意匠のやりたいことができるのでは?と真面目に言ったことがある。

意匠設計者はそれでも、いざ 自分が構造が成立していない建物をつくった事が怖くなり、「守った建物にしたい」という人の方が多いが、結局、自分の意匠設計を台無しにしてしまうわけだ。


しかしここで言えることが、「全部自分でやる」なのだ。

もっとも、完全には無理でも、「構造計画」ができる程度はやるべきなのだ。

「構造計画」とは、木造住宅で言えば、耐力壁が満たされているか、4分割法での検討はOKか? 大きな吹抜はないか? ある場合は対策は考えているか? スパンは飛び過ぎていないか? 梁せいが予想できる範疇での天井高さの見込みは大丈夫か? 等だ。梁せいは、木造の場合でもスパンの 1/10 か 上部に耐力壁が載っている大スパンの梁だと 1/8 とかになるとかで ちょっとぐらい見込みを立てるべきなのだ。

でも、できない。普段の仕事だけで手一杯だからだ。

でも、正直、とても必要なことで、あまりにもなおざりになっていると 当方は思うわけで、


「骨作らずして 作品を作ったことに非ず」 


だと思うのだ。

そこができる設計者との実力差が かなり感じられる。意匠設計者には耳が痛い話だが、総じて、バリバリのデザイナー系は 特にそんな傾向を感じる。


一級建築士は デザイナー系 か エンジニア系 かが分かるようにした方が 施主の為かもしれない。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

建築は服と同じ [住宅]

昨今、見たい建築を 大阪・神戸でセレクトし、実際に行こうと計画しようと、有名建築物をピックアップしていたら、ちょっと前の安藤忠雄作品も取り壊しの憂き目にあっている。

どんな建築家も、取り壊されることを念頭に設計はするわけがないのだが、これらを目にすると、家も建築物も、いわゆる「服」と同じだなあと しみじみ感じてしまう。

無論、服のように、数年 それどころか1年で流行りすたりが起きてしまう程ではないが、10年前は明らかにちょっと古いし、5年前だと新しさが失われる。

遠藤新というフランクロイド・ライトの弟子が作った 旧甲子園ホテルを見ようと思うのだが、あれほどなれば、古さも何もない。残る建築を作るというのは実に大変だなあと感じる。

先日世界遺産になった、国立西洋美術館は、古さも新しさもない、建っている必然性があるような建物だ。そうなると、ずっと残るし、当然、歴史的建築物の数々はそうなっている。

今の時代、そんな服みたいな家を作るしかないのが 現代を生きる我々の宿命だが、それでも残ってほしいと思うのは親心と同じ。でも、人間の血筋 血縁も 時代とともに薄れ、誰の子孫だろうかと思う人間も 未来に行くほど記憶も記録もなくなるのが分かっている。それと きっと建築物も同じなんだろうなあと・・・

ちょっと黄昏る気分である。

IMG_0029.jpg

IMG_0025.jpg 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

構造設計と意匠設計の認識の差 [住宅]

あけましておめでとうございます。

遅れましたが、ブログ上での今年初めてのご挨拶です。

 

さて、新年早速のテーマですが、それは、構造設計側と  意匠設計側との 「差」について触れたいと思います。

まずは、定義というか 一般的な立ち位置ですが 

意匠=通常の設計事務所で、プランや申請 監理業務を行う側

構造=意匠設計者からの依頼で そのプランに構造設計を施す側

となります。

当然ですが、意匠側の設計が、ある程度、構造設計の考え方やスペックにあってこないと、「構造計算」できません。

ここでいう、「構造設計」とは、「許容応力度設計」の事で、筋交や合板壁の壁量を計算する簡易的な「壁量計算」ではありません。

当方でも多いのですが、意匠設計者側から、依頼のご相談を頂くのですが、「これは成立しません」という案件が 時たま見受けられます。

このブログでの書き込みですべてを語ることはできないし 解決にもならないので、近々に まとめて、当ホームページに掲載しようかと考えております。

それは、「意匠設計者」および「お施主様」を対象とした、「木造低層住宅等の構造設計」のいろは のようなものです。

さて、とはいえ、意匠設計者と構造設計者との間の認識の差は 結局、「依頼を受けられない」ということになってしまいます。

時たま、「こうすればできるんじゃない?」と言ってくる意匠設計者さんもいますが、そもそも、実務で構造やっていない方のご意見は、やはり、夢物語に終わることが多いです。

一点だけ 例を挙げると、「火打梁」が有効 と考え、 吹抜だけど、火打ちがあれば大丈夫ですよね? と言われます。

ですが、2階の床の場合、特に、火打ちだけでは足りない事も多く、大きな勘違いをされています。

こんな例もあるのですが、今後 できるだけ防止できればと考え、ホームページに掲載していきたいと思います。 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

熊本地震の倒壊した家からわかる 壊れる家 [住宅]

専門雑誌を読んでいて、熊本地震で壊れた 木造住宅 をある程度特定できた模様で、結論から言えば、こういう家が壊れると はっきり書いてあった。

DSC02208.jpg 

①2000年以前の住宅だが、柱・耐震壁が1・2階で連続していない家

②1981年以前 いわゆる新耐震以前の住宅

となっている。

無論、施工不良は、新しかろうと関係なく倒壊するが、大きくはこうなる。

特に、①は、新しい基準なのになぜ?

と思われていたが、原因は、2階と1階の柱及び耐震壁が連続していない 場合に倒壊したようだ。

この点について、普段 構造設計している自分が思うのだが、1・2階で連続していない場合、2階の床すなわち 1階の天井の梁のせい(梁の高さ)が大きくなる。

これは、梁が耐力壁と柱の強い力を受けるためであり、構造計算すると その点がはっきり見えてくる。

しかし、プレカット屋さんのみしか通しておらず、スパン表のみの梁の大きさの決定では、こういうところは見過ごされる。

意匠に凝る家、特に、2階が寝室で1階が広いリビングの場合、こういうことが多い

せめて、外周部だけでも いわゆる層2階になっていればだいぶ違うだろうが、外も中も揃っていない場合は、壊れやすいのだ。

いわゆる、2x4住宅が頑丈だ と言われるのは、外も中も壁線が揃っているからだ。

軸組の家でも、層2階で、壁線がある程度揃っていれば、地震に強い家となる。

構造設計する中で、耐震等級2や3を設計するが、層2階の耐震2とか3と 揃っていない家の耐震等級2・3では、意味が違うし、同じ等級だから同じ耐震性がある ということではないと思う。

当然だが、理想の形から遠ざかるわけだから、その分リスクは高くなるのだ。

デザインがつまらない とか言われるのはわかるのだが、層2階で内部の壁線も揃っている家は耐震性が最も強い と言える。無論、各部位が基準をクリアしているかが条件だが・・・・ 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅